海が走るエンドロール4巻の発売日はいつ?収録話は何話から何話まで?

海が走るエンドロール4巻の発売日はいつ?収録話は何話から何話まで? 未分類

月刊少女漫画雑誌『ミステリーボニータ』で連載中の、たらちねジョン先生作『海が走るエンドロール』。

今回は、4巻の発売日がいつになるのか、収録話は何話から何話までになるのかを予想してみました♪

2021年8月16日に1巻発売記念にたらちね先生がTwitterで公開した1話の冒頭ツイートは、約28万いいねを獲得する大反響ぶりでした!

発売日の翌日には重版が決定するほど話題性の高い出来事だったので、それをきっかけに『海が走るエンドロール』を知った方も多いのではないでしょうか?

宝島社の「このマンガがすごい!2022」オンナ編で第1位を受賞したこともきっかけに、最新刊の発売日や収録話にも注目が集まっています。

ずっと作品を追いかけてきている方はもちろん、最近作品を読み直した方も、4巻がいつ発売されるのか、何話から何話まで読めるのか、気になっているのではないでしょうか?

それでは、さっそく見ていきましょう!

 

海が走るエンドロール4巻の発売日はいつ?

4巻の発売日については未定のようで、まだ公式からも情報が一切出ていません。

ただし、これまでの発行ペースから計算すると、2022年12月もしくは2023年1月の発売になると推測されます。

1巻が発売されたのが2021年の8月16日で、2巻が発売されたのが翌年の2月16日。

そして待望の3巻の発売日が、2022年の7月14日でした!

だいたい5~6か月空いてから次の巻が出ていることに気がつきますね。

正確な発売日については、公式からの情報解禁次第、追記させていただきます。

 

海が走るエンドロール4巻の特典は?

現時点(2022年10月27日)で特典情報は一切出ていません。

これまで1巻~3巻が発売された時には、各巻アニメイト、COMIC ZIN、喜久屋書店、書泉、未来屋書店などで特典がありました。

4Pリーフレットやイラストカード、メッセージペーパー、限定ペーパー、描き下ろしカードなどの店舗別特典があったり、一部では連動特典が用意されていたといいます。

1巻発売時よりも3巻発売時の方が特典が付く対象店舗が増えていたので、話題性の高さを受けて、今後特典がつく店舗がさらに拡大される可能性は十分にあるかと思われます。

4巻の店舗別特典についても、発売日についての情報解禁と同時もしくはそれ以降に公開されていくことでしょう!

確実にお目当ての特典をゲットするため、事前に予約しておくのもオススメですよ♪

特典情報についても、公式からの情報解禁次第、追記させていただきます。

 

海が走るエンドロール1~3巻の発売日は?

すでに販売されている単行本の初版発売日は、以下の通りです。

巻数 発売日
1巻 2021年8月16日
2巻 2022年2月16日
3巻 2022年7月14日

先述した通り、だいたい5~6か月に1冊のペースで発売されています。

掲載雑誌である『ミステリーボニータ』が月刊誌なので、週刊連載作品の単行本に慣れている方にとってはやや長く感じる間隔かもしれません。

とはいえ、今のところ休載予定は出ていないようですので、安定したペースで発売されることが期待できます。

単行本の発売が待ちきれなくなってしまったら、雑誌本体を購入したり、電子書籍サイトで単話購入するのもアリです!

 

海が走るエンドロール1~3巻の値段は?

これまでに発売されている単行本の値段は、以下の通りです。

巻数 値段(税込)
1巻 660円
2巻 660円
3巻 660円

単行本の価格は一律で税込660円です。

ちなみに、一般的な電子書籍サイトでは税込で576円、アマゾンのkindle版では税込で518円…と、紙版よりも少しお得に購入することができるようです。(2022年10月27日時点)

また、上の表には記載しませんでしたが、最新の3巻発売記念として『有償特典のジオラマアクリルスタンド+TORICO限定クリアカード付き1~3巻セット』という特別セットも3960円(税込)で販売されています。

この有償特典付きの特別セットが購入できるのは、『漫画全巻ドットコム』というサイトのみ!

どうやら今のところジオラマアクリルスタンド単品での販売予定はないようですので、気になる方はぜひ特設サイトをチェックしてみてくださいね。

 

海が走るエンドロール4巻の収録話は何話から何話まで?

これまでのパターンと変わりがなければ、1巻あたり5話収録になりますので、おそらく16話から20話までが収録されるだろうということが予想できます。

さて、16話からは、いよいよ映画祭に向けて本格的に準備を進めるストーリーが始まります。

3巻で登場した新キャラクターが、これまで作中に登場しなかったけっこう強引なタイプのようなので、準備期間中も一波乱起きそうな気配がします。

それでも、テンポよくポンポンとお話が進めば、映画祭用の作品が完成するところまでたどり着くかもしれませんね。

 

海が走るエンドロール1~3巻の収録話

1巻から3巻までの収録話は以下の通りです。

巻数 収録話
1巻 第1話~第5話
2巻 第6話~第10話
3巻 第11話~第15話、うみ子さんの休日

1巻はうみ子さんが大学に入学してからある1つの決意をするところまで。

2巻は今後重要な役どころになりそうなキャラクターが登場するところまで。

そして3巻は、映画祭に作品を提出することを決めるところまで(+番外編)で終わっています。

内容的に区切りがいいような気もするけれど、早く続きが読みたくなってしまう。

4巻ではどのようなまとめ方をしてくれるのか、今からとても楽しみです!

 

続きはある?

2022年10月27日時点で本編は18話まで連載されています。

引き続き、映画祭向けの作品作りのストーリーが進行中!

各キャラクター、それぞれの生活がある中で作品作りに真剣に向き合っている様子が描かれています。

トラブルをきっかけに学びを得て、成長するキャラクターを見ると心にぐっとくるものがありますね!

ところで、10月に発売された11月特大号では番外編の「海くんの1日」が特別に掲載されています。

3巻には本編の他に「うみ子さんの休日」が収録されたので、4巻には16話~20話にプラスして、「海くんの1日」も収録されるかもしれませんね。

 

まとめ

『海が走るエンドロール』の4巻の発売日が一体いつになるのか?

そして、気になる収録話は何話から何話までになるのか?

…というテーマで予想してみましたが、いかがだったでしょうか?

単行本では描き下ろしページが多くなる場合もあるので、いざ収録話を確認してみたら読めると思っていたところまで入っていなかった!というパターンも考えられます。

ドンピシャで「いつが発売日だ!」と予想するのは難しいですね…。

何話から何話まで収録されるのか楽しみにしつつ、『海が走るエンドロール』4巻についての続報を待ちましょう。

それでは、今回はこのあたりで失礼いたします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました