スパイファミリーの対象年齢は何歳から?子供に見せたくない気まずいシーンはある?

スパイファミリーの対象年齢は何歳から?子供に見せたくない気まずいシーンはある? アニメ

世代を超えて人気のある『スパイファミリー』ですが、何歳から子供に見せてもいい作品なのか判断を迷うところ。

対象年齢にもよりますが、内容によっては見せたくないシーンや気まずいシーンもあります。

特に子供が刺激を受ける、真似すると困る部分は、見せたくないと親も考えちゃいますよね…。

今回、『スパイファミリー』の対象年齢は何歳からなのか、子供に見せたくないシーンや気まずい描写があるのかリサーチしていきたいと思います。

さっそく、気になっている部分をチェックしていきましょう♪

 

スパイファミリーの対象年齢は何歳から?

結論から言うと、スパイファミリーには漫画にもアニメにも対象年齢は存在せず、つまり何歳からでも見ることができます。

それだったら、幼い子供だって何も気にしないで見られるんじゃないか…って考えると思いますが、まだ続きがあります。

対象年齢が存在しないというのは、紙面の単行本やテレビ局で放送されたアニメ、購入用またはレンタル用のDVDのことです。

一方で、漫画が配信されているアプリやアニメが配信されているサイトには実は年齢制限があります。

ではその年齢制限のあるアプリやサイトで、スパイファミリーを見るのは一体何歳から可能なのでしょうか?

 

スパイファミリーNetflixの対象年齢は何歳から?

Netflixの対象年齢は、13歳からとなります。

理由は、『スパイファミリー』の中に暴力描写や暗殺シーンが含まれているからです。

見せたくない作品は、ユーザー側で年齢制限を設けることができるので、親の判断に委ねている部分もありますね。

 

スパイファミリーAmazonプライムの対象年齢は何歳から?

Amazonプライムも対象年齢は、13歳以上となります。

理由は、Netflix同様過激なシーンが含まれるからです。

Amazonプライムビデオでも、子供が過激なシーンが見れないようにフィルタリングすることもできます。

 

スパイファミリーDisney+の対象年齢は何歳から?

Disney+においての対象年齢は15歳以上です。

動画配信サービスによって設けてある年齢が違うのですね。

年齢にばらつきがあるのは、少し疑問に感じますが、内容においては親が一度目を通す必要があるのかなと思います。

 

スパイファミリー漫画配信の対象年齢は何歳から?

スパイファミリーが配信されているジャンプ+では、PCサイト(ブラウザ)とアプリでは対象年齢が異なります。

知らなかった!

PCサイトは無制限ですが、スマホのコンテンツだとAndroidが12歳以上が、IOSは17歳以上が利用可能です。

IOSの制限はちょっと厳しすぎる気もしますが、中には過激な暴力シーンやグロテスク、性的描写のある漫画も多数あるので仕方ない部分もあるかもしれません。

そう考えると、むしろスマホ版がかなり優しく設定してくれているほうでしょうか?

ちなみに、PCサイトが年齢制限なしなのは『無料で読める漫画が少ないから』らしいです。

 

スパイファミリー対象年齢でも子供に見せたくない気まずいシーンはある?

はっきり言うと、スパイファミリーには子供に見せたくないような気まずいシーンはありません。

むしろ、こんなに良い作品を子供に見せないなんて勿体ないと言っても過言ではないくらいです。

メインキャラである父のロイド、母のヨル、そして娘のアーニャというそれぞれの事情により作られた偽装家族が次第に絆を深めていくシーンは心温まりますし、思わず笑ってしまうようなギャグシーンたくさんもあります。

さらに日常話の中には、親目線でも子供目線でも考えさせられる、学ばせられるエピソードも存在します。

もちろん、一番気になりそうな過度な性的描写や下ネタなんて微塵たりともありませんよ。

気まずいどころか、見ていて楽しくなる上に家族として勉強にもなるのが、スパイファミリーの最大の魅力と言えますね!

 

スパイファミリーは怖いシーンがある?

『スパイファミリー』は、気まずいシーンはありませんが、怖い描写はあります。

主に怖いシーンとして挙げられるのは、母のヨルに関する場面です。

彼女の表の職業は普通のOLですが、裏の職業は『殺し屋』で文字通り人を殺すのが仕事です。

彼女が何の躊躇なく人を殺したり、返り血を浴びたまま帰宅するなど、子供どころか大人が見ても怖いと感じてしまいそうな場面が多々あります。

このことから、ヨルの裏の顔だけでなく殺人や血の出るところが怖いシーンと言えます。

もし自分の子供が、ごっこ遊びなどで殺し屋の役を楽しんだり台詞を真似していたら、子を持つ家庭としてはちょっと心配になるかもしれませんね。

 

スパイファミリー対象年齢ではない子供が見た反応も紹介

漫画やアニメ配信のサイト(アプリ)では年齢制限があるものの、スパイファミリーを強く支持する13歳以下の子供は多数存在します。

親の判断でサイト(アプリ)で一緒に見た子供もいれば、中には本屋などで単行本を購入したりレンタルショップでDVDを借りたり、テレビ放送されていたアニメを録画などをして見た子供もいると思われます。

対象年齢より下の子供達は親と一緒に見てどうなったのか、良い反応だったのか悪い反応だったのか気になりますよね?

それでは、スパイファミリーを親に勧められて見た子供の反応を小学生・幼稚園児に分けて紹介していきます。

子供に見せようかまだちょっと悩むなという人が、これを見て参考になってもらえれば幸いです。

 

スパイファミリーを見た小学生の反応は?

笑えるシーンがたくさんある

学校の回がおもしろい!

『スパイファミリー』は、ユーモアたっぷりのコメディシーンが多く、小学生にも笑えるシーンが多いです。

特に、アーニャの表情や言動は、子供たちにとって非常に愛らしくて面白いと感じるポイントですよね。

スパイ活動やアクションシーンも適度に含まれているため、冒険心をくすぐられ、興奮して見る子供が多いです。

 

スパイファミリーを見た幼稚園児の反応は?

アーニャの顔がおもしろい

アーニャのかわいらしい表情や行動に幼稚園児は強く引かれますよね!

彼女の無邪気さや愛らしいシーンは、幼稚園児にとっても楽しめる要素です。

コメディ要素が豊富なため、幼稚園児も笑えるシーンが多く、彼女の独特なリアクションや、家族のドタバタ劇は幼稚園児にも受け入れられやすいのでしょうね。

 

まとめ

スパイファミリーの対象年齢は何歳からなのか、子供に見せたくない気まずいシーンはあるのかについて紹介していきました。

記事を読んでいただいて、これだったら見せてみようかな、ちょっと見せたくないと考えなおした方もいるかもしれません。

どんなに人気な作品でも、子供への影響を考えると対象年齢や気まずいシーンはどうしても気になるものです。

事実としてスパイファミリーは何歳からも支持を得ている作品です。

見せても見せなくても、ぜひ皆さんも見て楽しんでくださいと自信を持ってお勧めできるのは間違いありませんよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました