こち亀の日暮巡査の登場回は何巻の何話?なぜオリンピックしか起きないのかも解説

こち亀の日暮巡査の登場回は何巻の何話?なぜオリンピックしか起きないのかも解説 ジャンプ

1976年より連載が開始され、今もなお愛され続ける国民的漫画「こち亀」こと「こちら葛飾区亀有公園前派出所」。

そんなこち亀には無数の個性豊かなキャラクターが登場しますが、その中でもファンの間で人気の高い男といえば「日暮巡査」ですよね。

そんな日暮巡査の登場回は何巻の何話なのでしょうか?

また彼はなぜオリンピックにしか起きないのでしょうか?

気になりますよね!

そこでこの記事では、そんな日暮巡査の素朴な疑問について深掘りしていきたいと思います。

「こち亀の日暮巡査の登場回は何巻の何話?なぜオリンピックしか起きないのかも解説」と題してお送りしていきましょう!

 

こち亀の日暮巡査は何巻の何話に登場した?

それではさっそくいきましょう!

日暮巡査は何巻の何話に登場したのか一覧にしてまとめてみました!

日暮巡査のコミックスでの登場は全部で11回であり、最後の登場は200巻のようです。

1976年から続く長寿漫画のキャラクターにもかかわらず、11回しか登場していないとは驚きですよね!

それなのにこの存在感とは…日暮巡査恐るべしです!

更に調べてみたところ、今年2021年10月4日(月)に発売予定の新刊である201巻にも日暮巡査が登場するとの情報がみつかりました!

この201巻は2016年に発売された200巻から5年ぶりに発表されるもので、心待ちにしている方も多いのではないでしょうか。

そんな新刊にも日暮巡査が登場しているなんて、なんとも嬉しいニュースですね!

 

こち亀の日暮巡査の初登場回の内容は?

続いては気になる日暮巡査の初登場の内容について詳しくみていきましょう。

日暮巡査の初登場は1980年のモスクワオリンピックの時です。

テレビでオリンピックを観戦していた主人公の両津勘吉が日暮巡査のことを思い出し、彼のことを何気なく話題に出します。

するとそれを聞いていた大原部長が「日暮の自宅に行って様子をみてこい」と両津勘吉に命令します。

まだ日暮巡査に会ったことがなかった後輩の中川圭一と共に、両津は日暮巡査の自宅へと向かいます。

日暮巡査の自宅は蜘蛛の巣が張り、コウモリが棲みついているような家へと変貌を遂げていました。

そんな家の窓を開けると、やがて日暮巡査は目を覚まします。

起きて早々に彼は、ロッキード事件やアグネス・ラムブームについてなど、自身が寝る前に起こっていたことについて、両津達に質問しはじめるのです。

そして自分が眠っていた4年の間に起こったことについて聞き、ひどく驚くという様子が描かれています。

その後両津らと共に派出所に出勤した日暮巡査は、そこにいた秋本麗子を一目見るといきなりシャキッとしはじめ、覚醒します。

麗子の美しさに反応した日暮巡査は、その特殊能力を発動させるのです。

その特殊能力というのが、24時間以内に起こる事件を100%予知し、しかもそれをポラロイドカメラに映し出すというもので、その驚異的な能力で見事に事件を解決したという内容です。

 

こち亀の日暮巡査がなぜオリンピックしか起きないのかも解説

続いて、日暮巡査はなぜオリンピックにしか起きなくなってしまったのかという疑問について解説していきます。

日暮巡査が初登場した際に、大原部長が彼について説明しているセリフを基にみていきましょう。

「とにかくものぐさな男でな、ひと月に3日しか出勤してこないのがエスカレートして、今や4年に1度しか出勤してこなくなってしまった。別名オリンピック男と呼ばれている」

出典:「こちら葛飾区亀有公園前派出所」単行本21巻

この大原部長の言葉の通り、当初日暮巡査は1日に16時間程度寝れば問題なかったのですが、だんだんと睡眠時間が長くなっていき、ついには4年に1度しか起きなくなってしまったということです。

4年に1度しか出勤しないにもかかわらずクビにならないのは、彼が特殊能力の持ち主であり、数多くの難事件を解決しているからだそうです!

羨ましいような、そうでもないような、なんとも微妙な能力と特性ですね。

ちなみに日暮巡査は、寝る前におよそ50人分の食事をして肥満体型になり、髭を剃るなどの身なりを整え、深爪までしてから眠りにつくのだそうです。

4年間眠り続けるという人間離れした睡眠方法をするには、入念な準備が必要なようです。

 

オリンピック以外に起きたらどうなる?

ここまで特殊すぎる日暮巡査の生態を解説していきましたが、彼のことを知れば知るほど気になってくる疑問がありますよね。

そうです!

もしオリンピック以外に起きてしまった場合、彼はいったいどうなってしまうのかということです。

そもそもオリンピック以外に起きたという内容の話はあるのでしょうか。

結論から言うと、オリンピック以外に起きてしまった(起こされた)時のことが1度描かれています!

その際日暮巡査は、大激怒したあげく超能力を使ってゴジラのような勢いで暴れまくり、両津でさえも止めることができなかったという描写があります。

日暮巡査は恐ろしく寝起きが悪く、オリンピック以外に起こしてしまうと大変なことになる、というキャラクター設定のようです!

4年に一度しか起きないのに寝起きが絶望的に悪いなんて、なんともお騒がせですね。

この問題に関しては、日暮巡査が自分自身で目覚めるまで何もしないというのが一番の解決策かもしれません!

続いては気になる「延期になった東京オリンピックの時はどうだったのか?」という疑問についても調査してみましたよ!

ぜひご覧ください!

 

東京オリンピック2020はコロナで延期になったけど起きたの?

誰もが予想していなかった新型コロナウイルスによる東京オリンピックの延期。

そんなことが起きているとはつゆほども知らない日暮巡査は、果たして東京オリンピックが開催される予定だった2020年に起きたのでしょうか?

その様子は2020年7月20日発売の週刊少年ジャンプに掲載されていました。

日暮巡査は2020年にきちんと起きていますが、世界が未曾有の危機に晒されていて、東京オリンピックが延期されていることはまだ知りませんでした。

その隙に両津らが日暮巡査の家に行き「まだ2019年だぞ」と噓をつきます。

嘘をついた理由は、オリンピックが延期されたと伝えるのが面倒だったからだそうです。

なんともかわいそうな理由ですが、日暮巡査は結局両津たちの話を信じ、再び眠りにつくという結末になっています。

この話は最新コミックスの201巻にも収録されています。

 

まとめ

「こち亀の日暮巡査の登場回は何巻の何話?なぜオリンピックしか起きないのかも解説」と題してお送りしていきましたが、いかがだったでしょうか。

特殊すぎるキャラクター設定で人気の日暮巡査の登場回は何巻の何話なのかを調査し、更になぜ彼はオリンピックにしか起きないのかという疑問についても迫っていきました!

個性的なキャラクターが度々登場する「こち亀」の中でも異彩を放ち続ける男、日暮巡査。

その生態はまさに人間離れしていて、興味が尽きることはありません。

次回のオリンピックでも、彼はきっと起きてわたしたちを楽しませてくれることでしょう!

その時までおやすみなさい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました