甘露寺蜜璃の戦闘シーンはアニメの何話?刀が曲がる理由はなぜ?

甘露寺蜜璃の戦闘シーンはアニメの何話?刀が曲がる理由はなぜ? アニメ

鬼滅の刃に登場する可愛いキャラで人気の甘露寺蜜璃は、子供から大人までに支持されているキャラですよね!

癒し系で話し方も可愛いく、戦うイメージがない方も多いのですが、刀が曲がる武器で戦っているんですよ♪

しかも、鬼殺隊の柱として戦闘シーンもあり、想像以上に強くカッコいいです。

甘露寺蜜璃の戦闘シーンってアニメで何話で放送しているんだろう?

あと刀が曲がる理由もなぜなのか気になる。

そこで、アニメにそって何話で戦う場面があるのか、刀が曲がる理由はなぜなのかについても解説していきたいと思います!

 

甘露寺蜜璃の戦闘シーンはアニメの何話?

本作に登場する甘露寺蜜璃は、異性、同性共に好かれておりファンの数は想像以上でしょう。

そんな戦うイメージがない甘露寺蜜璃ですが、ギャップのある戦闘シーンは益々ファンになったという声もありました。

まだ戦っているところを知らないという方の為にも、アニメのどのあたりで戦う姿が見れるのか解説していきますね!

かっこいい蜜璃を観たかったので嬉しいです!

 

甘露寺蜜璃の戦闘シーンは漫画の何巻何話?

原作で、戦うシーンがあるのは14巻122話の甘露寺VS憎珀天から描かれています。

甘露寺蜜璃は刀鍛冶の里編から登場し、弱っている炭治郎を救い出すところから始まり、憎珀天の攻撃を上手に交わしながら攻撃していく姿が印象的でしたよね。

ついに憎珀天の首を斬りつけた時には勝ったと確信しますが、実は首を刀で斬りつけても別に本体があるので効果はないのです。

その間違った判断で、攻撃を受けてしまう事になってしまい、とどめをさされた甘露寺蜜璃は走馬灯をみており、そこには幼い頃の自分がいました。

意識を取り戻す事ができ、自分の周りにいる仲間のためにもう1度立ち向かう事に…。

諦めずに憎珀天に勝つのを信じて炭治郎と一緒に戦います。

戦闘中の顔付きがかっこよくてギャップがたまらないんですよね。

 

甘露寺蜜璃の初登場シーンは何話?

甘露寺蜜璃の貴重な戦う場面について知れたのですが、初登場はいつなのかご存知ですか?

漫画やアニメに出ているのは知っているけれど何話くらいで出たのか分からないという方が多いかと思います。

鬼滅の刃をリアルタイムで見ていても明確に出てきたシーンを覚えていない方の為にアニメと漫画に分けて初めての登場する回を振り返っていきますね!

参考にしてみてください♪

 

アニメは何話?

アニメでは、21話「隊律違反」で初めて登場しています。

まだこの回では登場したといっても、セリフがなく炭治郎と接触したわけではありません。

甘露寺蜜璃は恋柱であり、各柱と炭治郎を遠くから見ていただけのシーンです。

その後セリフを発したのは、次の話数の22話「お館様」で鬼殺隊の9名の柱の中に混じって声を放ちました。

とても可愛いキャラなので、ファンになる方が続出したんですよ!

 

漫画は何話?

原作では6巻44話の「隊律違反」で初めて登場しています。

アニメと比べて登場シーンが多く、炭治郎を見下ろすところまでは一緒で、セリフが出てきた45話では多少異なっていました。

ここのストーリーでは、炭治郎が鬼殺隊柱合裁判を受けるというシーンで柱全員が紹介されます。

柱の1人としていた甘露寺蜜璃の1つ1つのセリフに対する表情がほのぼのとしてるような印象です。

炭治郎が必死に禰豆子が鬼になった経緯について訴えていた時に「お館様がこのことを把握しているように思えないです」と柱たちに伝えている場面ではキュンとなりましたね!

 

甘露寺蜜璃の戦闘シーンで刀が曲がる理由はなぜ?

甘露寺蜜璃といえば、ピンクの日輪刀でかなり曲がっており、刀はなぜ曲がるのか気になる方も多いと思います。

理由はしなりを強化しており、速さが追及され、女性でも扱える仕様になっているからです。

人を本当に斬れるのかというくらいクネクネと曲がり、そして長い刀ですよね。

しかし、蜜璃が扱えばものすごく危険な刀に変化し、人を簡単に斬ってしまう恐ろしい刀なのです。

必殺技の恋の呼吸伍ノ型では日輪刀のしなりを強める最強の技となっており、蜜璃の柔軟性が凄いという事が分かります。

 

甘露寺蜜璃の刀の鞘はどうなってる?

甘露寺蜜璃の武器は、クネクネと曲がっており、一体どうなっているのでしょうか?

原作の14巻123話に刀の紹介が簡単にされており、「極めて薄く、柔い」と言われています。

とても早い速度で敵を倒す事が出来るのが特徴で、その技が使いこなせるのは筋肉の柔らかさと関節の動きの範囲が広い人ということになります。

男性より、女性だから可能となる技なんだという事が分かりますね!

さらに、甘露寺蜜璃はしなりが力強いため、特殊な武器が使えるのです。

普通の日輪刀と比べて倍の長さになると想定されており、2mはあると考えてもいいでしょう。

こんな独特な刀は存在しないと思われがちですが、実はインドで似たような形の武器があると言われています。

実際に古くから伝わる剣になっており、使いこなすのにかなりの技術がいるようですね。

漫画の世界だけだと思ってました!

 

甘露寺蜜璃の日輪方の刀鍛冶は誰?

特殊な日輪刀を作ったのは、鉄地河原鉄珍(てっちかわてっちん)という刀鍛冶の里の長で、背が低く口元が長い見た目をし、年齢不詳ですが優しい性格です。

まるでお爺ちゃんのような暖かみのある方で、変わった話し方をしています。

実は甘露寺蜜璃の武器だけでなく、胡蝶しのぶの刀も作っているようですね♪

女性が大好きで、おそらく綺麗で可愛い女性の武器を担当しているのではないかと予想出来ます。

しかし、強い武器を作れるので鍛冶職人としての腕前は本物のようですね!

簡単に作れる刀じゃないですもんね!

想像以上に凄い人なのかもしれないです。

まとめ

今回は、甘露寺蜜璃に焦点をあてて、カッコいい戦闘シーンはアニメの何話で観れるのかについてと、武器である刀が曲がる理由はなぜなのかについてもまとめています。

戦うシーンをアニメで知ってギャップがありました!

何話かも分かったので、もう1度観たいと思います。

甘露寺蜜璃は癒し系で可愛いキャラとして定着しているので、戦闘シーンがあるのは不思議ですよね。

しかも刀が曲がるという変わっている武器なのか理由やなぜといった疑問の声もあるので、この記事で少しでも解決に繋がっていただけたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました